下肢静脈瘤は冬の間に治療を!

冬期間は、気温の低下で血管が収縮し、血液の逆流する量が減るため、下肢静脈瘤の症状が軽くなったと感じる方が多いとされています。しかし、その症状の緩和は一時的なものであり、自然治癒したわけではありません。
症状が軽くなりやすい冬は、下肢静脈瘤の治療におすすめの季節です。冬期間における治療には、たくさんのメリットがあります。

※下肢静脈瘤は季節性の病気ではありません。症状の度合いは季節によるものだけでなく、生活スタイルや体質などで個人差があります。

メリット① 汗でムレない、暖かい 弾性ストッキングの着用にピッタリの季節

下肢静脈瘤の治療には、圧力を加えることで焼灼・閉塞した静脈瘤の消失を促す、医療用弾性ストッキングの着用が不可欠です。治療のためとはいえ、暑い時期に圧力が強いストッキングを履き続けることに抵抗がある方は多く、夏場の治療におけるデメリットのひとつです。
冬季治療の場合、弾性ストッキングは防寒着となるだけでなく、血行を促進させ下半身をぽかぽかと暖めてくれるので、無理なく着用を続けることが可能です。

 
メリット② 気温の低下で静脈が収縮 身体への負担をさらに少なく!

当クリニックが行う高周波カテーテル治療は、静脈の中に先端から高周波を発する細い管を通し、熱で静脈瘤を焼灼して塞ぐ「血管内治療」と呼ばれる治療法です。
冬場は気温の低下で血管が収縮するため、高周波を均一に当てやすく、かつ少ない時間で静脈瘤を焼灼・閉塞することができます。
従来の治療法と比べて身体への負担が少ない高周波治療ですが、冬期間の場合、治療後の毎日をより健やかにお過ごしいただけます。

 
メリット③ 足を隠して過ごせる冬こそ 下肢静脈瘤を治療するチャンス!

高周波による下肢静脈瘤の治療は、患部を切開したり、静脈を引き抜いたりといった従来の治療法と比べ、痛みもなく傷口もほとんど目立たないもの。しかし、外見が改善するまでには一定の期間を要します。そのため、足を隠して過ごせる冬の時期こそ、静脈瘤の治療に最適といえます。
薄着になる春夏までにきれいな足を取り戻すためには、寒い時期からしっかりと対策を取ることが非常に重要です。

 
症状が緩和され、足の露出も少なくなる冬は、下肢静脈瘤への関心が薄れる季節です。そんな冬だからこそ、上記のメリットを活かして治療を行い、暖かい時期に備えることが大切です。
次の春を軽やかな一歩で踏み出すために、早めの受診を検討してみてください。

※下肢静脈瘤は季節性の病気ではありません。症状の度合いは季節によるものだけでなく、生活スタイルや体質などで個人差があります。