下肢静脈瘤の症状・倦怠感(足のだるさ)

以前お話ししましたが、静脈瘤の原因は静脈の逆流でしたね。静脈瘤は静脈の逆流によって様々な症状が出現する病気です。本来、静脈は全身に行き渡った血液を心臓に戻すための通り道ですよね。正常な静脈は一方通行になっており、逆流しないように逆流防止弁が付いているのですが、弁の機能に異常があると、重力で逆流してしまい、足の下の方に血液が溜まりやすくなります。血液が溜まると静脈圧が高くなるので、次第に静脈の壁が膨らんできてしまいます。これが静脈瘤です。

また、血管内の圧が高くなると血管外に水分が染み出していきます。静脈に逆流がある人は、足の下の方に血液や体液が溜まりやすくなり、足が浮腫んでしまいます。

特に、立ち仕事で1日中立っている、デスクワークで一日中座っているという生活をしていると、1日中、血液が逆流して夕方には足がむくんでパンパンになってしまいます。足がむくんでいるということは、足に重りをつけているようなものなので、足がだるい、疲れやすいい、重苦しいという症状につながります。そのような症状がある場合、ひょっとすると下肢静脈瘤かもしれませんね。

術前

o0800101013780063946

術後

o0800106613780064011

むくみが引いて、だいぶ細くなりましたね。

治療をすれば、静脈の逆流がストップし、今まで足に溜まっていた血液が心臓に正常に戻るようになります。そのため、足のむくみが引いて足が軽くなり、だるさ、重苦しさなどの症状は劇的に改善します。