下肢静脈瘤の症状・浮腫(むくみ)

以前お話ししましたが、静脈瘤の原因は静脈の逆流でしたね。静脈瘤は静脈の逆流によって様々な症状が出現する病気です。本来、静脈は全身に行き渡った血液を心臓に戻すための通り道ですよね。正常な静脈は一方通行になっており、逆流しないように逆流防止弁が付いているのですが、弁の機能に異常があると、重力で逆流してしまい、足の下の方に血液が溜まりやすくなります。血液が溜まると静脈圧が高くなるので、次第に静脈の壁が膨らんできてしまいます。これが静脈瘤です。

また、血管内の圧が高くなると血管外に水分が染み出していきます。静脈に逆流がある人は、足の下の方に血液や体液が溜まりやすくなり、足が浮腫んでしまいます。

術前

o0800101013780063946

写真の患者さんは両足とも浮腫んでいますが、特に左の浮腫が強いですね。毎日重りをつけて歩いているようなものですから、足は疲れやすくなり、夕方になるとだるくなります。

術後

o0800106613780064011
写真は両足の手術をした1ヶ月後のものです。両足の大腿部にある大伏在静脈という血管を焼いて閉塞させました。逆流が止まり、今まで下の方に溜まっていた血液が心臓にスムーズに還っていく様になったため、足の浮腫が大分良くなりましたよね。両足とも細くなり、左右差もなくなりましたね。

浮腫んでいる方は静脈瘤が目立たず、見過ごされているケースが非常に多いです。浮腫が強い場合、静脈瘤かどうかは超音波をしてみないとわからないこともあります。何年も内科で漢方薬などを処方されていて経過を診られていた方が、術後劇的に浮腫が引くケースが良くあります。

足の浮腫でお悩みにの方は一度、静脈瘤の専門医を受診されることをお勧めします。