下肢静脈瘤の症状・こむら返り(足がつる)

下肢静脈瘤の初期症状で、多く見られるものとしてこむら返り(足がつる)があります。典型的なのは、夜寝ている間、特に明け方に足がつって目が覚めるというものです。軽いものでは、月に1回程度、頻繁な方では毎日足がつる方もいます。足がつる際に結構な痛みを伴うことも多く、毎晩足の痛みで目が覚める症状があれば、寝不足になってしまいますし、お辛いですよね。

静脈瘤によって足がつるメカニズムは正確なことはわかっていませんが、本来心臓に戻っていくべき血液が、静脈の逆流によって足に溜まった状態ですから、電解質に異常をきたして筋肉の異常収縮を起こしているではないかと言われています。

足がつる症状に何年も悩んでいる方はたくさんいますが、静脈瘤の治療をすれば、治療の翌日から足が全くつらなくなります。辛い症状でお悩みの方は是非、ご相談ください。

o0630040013827072733 (1)